レンタルサーバーの転送量に関すること

転送量が多くなりやすいサイト

サイトを管理している方は、サーバーの転送量には気をつけたほうが良いです。転送量はサーバーによって制限が付けられている事が多く、それを超えてしまうとサイトにアクセスできない状態が起こります。短時間にあるサイトにアクセスが集中すると、一時期見ることができなくなったりしますが、この現象が自分のサイトでも起こるということです。

 

転送量が多くなりやすいのは、アクセスが多いサイトに良く見られています。ページ数が増えてしまったり、人気のあるページが有る場合では注意が必要です。ある程度転送量に余裕があるサーバーを借りたり、無制限の所を借りる必要性が出てきます。また、動画や音楽、画像ファイルが多くなっていると転送量も多くなりやすいです。大きなファイルをダウンロードできるようにしている場合でも、アクセスが集中するとエラーとなる事が有ります。大きな負担が起きるとサーバーが耐え切れなくなります。サーバーでブログを運営しているとページがどんどん増えてしまう事もあり、アクセスできないときが増えればサーバーの引越し時期となります。通常の使い方では特に転送量は気にする必要はないものの、人気が出た場合や企業で一気にアクセスが集中する場合などは考える必要が出てきます。