レンタルサーバーの転送量に関すること

転送量とサーバー容量

サーバーの転送量と容量はバランスがとても大事です。転送量は最初はあまり気にならないかもしれませんが、容量は考慮してから利用する方は多いようです。しかし、容量が十分あるように見えても、実際には転送量があまりないサーバーもあるため注意して利用しましょう。

 

十分な容量があるように見えても、転送量が極端に低いと容量一杯を使う事は難しくなります。例えば100GBあったとしても、転送量が低ければ100GB一杯一杯転送することができない事もあります。サーバーを選ぶ際には転送量と容量のバランスを重視しましょう。転送量が極端に少ない場合は、サーバー容量が十分にあっても全てを使いきる人は少ないと見ているのかもしれません。使う容量が多くなればそれだけサイトのページ数も多くなり、アクセス数も見込めます。アクセスが増えても転送量が増えていなければ問題が発生しやすいです。

 

サーバーを選ぶ際には単に月額料金が安いだけで選ぶのではなく、今後どのくらい容量を使い、転送量も必要になってくるか考えてみると良いです。月額料金が安く、容量も多く、転送量も十分なサーバーは存在しているため、色々と比較してみると良いです。転送量は公開されていないサーバーもあり良く調べてみて下さい。