レンタルサーバーの転送量に関すること

転送量に応じた従量制サーバー

レンタルサーバーは大抵月額○○円など金額が設定されています。しかし、それ程使用量が無いなら、従量制課金で転送量に応じて料金が決まるサーバーでも良いかもしれません。Bfitというサーバーは、月額0円から利用することができ、月間の転送量に応じた従量制課金となっています。月額基本料は無料で、転送量1MBにつき0.5円の課金、上限350円という料金になっています。まだサイトの運営を始めたばかりで殆どアクセスが無かったり、テキストばかりでデータ量が少ないなら、このような従量制タイプを利用してみるのも良いでしょう。

 

気になるのが、転送量が増えてしまったときの対処方法です。Bfitには月額料金が発生し、転送量の制限が設けられているタイプもあります。ある程度アクセスが増えてきたら、他のコースに乗り換える事も可能のようです。WEB容量500MBのコースも用意されているため、柔軟な対応が可能です。極力最初は料金の負担を減らしたく、転送量も少ないと見込まれる場合ではこう言ったレンタルサーバーを利用してみるのも一つの方法です。転送量による従量制課金はあまり見られないタイプですが、最大でも月額350円が限度となっているため、価格をできるだけ抑えたい方にはピッタリです。