レンタルサーバーの転送量に関すること

転送量無制限は危険

レンタルサーバーを借りるとき、転送量が無制限のほうが何となく良い感じがしますね。しかし、無制限と書かれていると、中には無茶な使い方をする人も出てくるため避けたほうが良い事もあります。レンタルサーバーの転送量が無制限でも、実際には利用状況に応じて判断されるため、実質は無制限ではなかったりします。無制限と言う言葉があると、どれだけ重いデータを使っても良く、アクセスが多くなっても大丈夫と考えてしまう人も居るため、サーバーに負担がかかる事も予想できます。

 

初めてレンタルサーバーを利用するなら、転送量無制限に特にこだわる必要性は無く、逆に転送量に制限があるサーバーを選んだほうが良い事もあります。制限があればそれだけ価格も安く、無茶な使い方をする人も少ないため、安定してサーバーを使うことができます。サーバーはグレードアップする事もできるため、最初から無制限にこだわる必要はありません。最悪他のユーザーによって負担がかかっている場合、他のサーバーに乗り換える事も考えなければなりません。最初から多くの転送量が必要となる事は無いため、十分な転送量を確保できているサーバーなら問題なく利用することができると思います。