レンタルサーバーの転送量に関すること

転送量無制限とは

レンタルサーバーの説明に「転送量無制限」と書かれている場合があります。転送量に制限があるより、無制限のほうが良いように感じられますが、気をつけなければならないことが幾つかあります。実質無制限でも、やはり制限は存在していることが多いためです。

 

例えば、転送量が無制限でも、極端にアクセス数の多いサイトは利用を制限するとか、利用を遠慮してもらうことがあると書かれている事がある点です。共有サーバーでは1つのサーバーを複数のユーザーが共有しているため、1つのサイトだけが多くのアクセスがあると負担が高くなってしまいます。転送量が無制限と書かれていても、極端にサーバーに負担をかける事は禁止されています。ある程度のアクセス数が出てきたら、専用サーバーやVPSなどを借りる時期かもしれません。

 

また、無制限と書かれていても、極端にサーバーに制限をかけている場合、追加料金が発生したり、利用が中止される事もあり注意しなければなりません。最初は誰でもそれ程サーバーに負担をかける事をしていませんが、次第にアクセス数が伸びてくる事はよくある事です。膨大な追加料金がかからないよう、ある時期になったらサーバーを見直すことも重要となります。