レンタルサーバーの転送量に関すること

レンタルサーバーの転送量とは

レンタルサーバーのサイトを見てみると、「転送量制限」や「転送量無制限」と書かれている事があります。初心者はあまり気にしないかもしれませんが、サーバーを選ぶ上でとても重要となるため、基本的な事を知っておきましょう。

 

レンタルサーバーの転送量とは、サーバーから呼び出されるデータの量のことです。サーバーに情報をアップロードし、それを引き出す必要があります。サイトにアクセスがあったり、メールの送信などにも関わりがあり、レンタルサーバーではこの転送量を制限している事もあります。特定のユーザーが大量の転送量を使っていると、他のユーザーにも影響を与えてしまうため、共有サーバーではよく制限されています。データ量の制限を設けている場合では、それよりも超えてしまうと追加料金が発生する事もあり注意しなければなりません。データが多くなりそうなら予め転送量が無制限の所を選ぶようにしましょう。

 

サイトを作ったばかりではあまり気にする必要はありませんが、アクセスが増えてくれば制限が引っかかってしまう事になります。その際にまたサーバーの引越しを行なうのはとても面倒な事のため、ある程度は考慮しておく事をおススメします。サーバーに負荷がかかると追加料金が発生しなくても、転送量を制限されてしまうことが多いです。

参照リンク

専用サーバー・・・中規模WEBサービスに最適な専用サーバーがまとめてあるページです。